組織課題を解決する
ONE POINTコンサル
公開研修

開催場所:東京・名古屋・大阪
定員:各回10人(先着順)
時間:6時間/1日
費用:各回3万円(税別)

ご挨拶

スタメンは「TUNAG」というサービスを通して今まで300社以上にエンゲージメントを高めるお手伝いをさせていただいてきました。しかしながら、エンゲージメントを高める方法をさらに広めていきたいと言う想いがあり、今回スタメンが300社以上とお付き合いをさせていただいて培ってきたエンゲージメントを高める方法を事例と共に、ご紹介する場を設けました。

3万円と一見高額ですが、実践的な内容が多く、職場、組織、会社を本質的に変えることができる。そんな内容になっています。

自社を変えたい、テコ入れではなく組織課題を根本的に解決したい、事業を成長させたい、職場の人間関係を改善したい。
そんな方には自信を持ってオススメできる公開研修です。

講座の特徴

・「エンゲージメント」という海外では経営指標にも設定されている概念について詳しくご紹介いたします。
エンゲージメントの歴史から、具体的な高め方まで全てご説明いたします。
・座学とワークショップが含まれています。
・10名限定だからこそ、セミナー・公開講座では類をみない参加者一人一人の課題に対してワンポイントコンサルを行います。
・お配りするテキストに全ての内容が記載されているので、メモを取る必要もありません。
・お帰りの際には、解決策の事例集も冊子としてお渡しさせていただくので、社内で様々な施策や事例を試すことができます。

エンゲージメントとは

少しだけご紹介いたします

スタメンが定義するエンゲージメント経営は、「会社と従業員」および「従業員同士」に相互信頼関係がある状態と定義を決めています。
重要なのは、「会社と従業員」という縦の関係と「従業員同士」という横の両方の信頼関係があることです。
従業員の満足度を高めるのではなく、会社と従業員および従業員同士の信頼感駅を築き、高めていくことこそが組織として「持続可能なエンゲージメント」が実現できるのです。

主な対象者

1.経営陣

2.管理職

3.人事担当者

4.今後組織を引っ張る若手社員

5.自社を変えたいと思う全ての方

課題解決事例

ヒルトン成田

ヒルトン成田で人事部長の尾崎様によると、同社は横のつながりを意識した「コミュニケーションを取りやすい環境を作るマネジメント」を提供し、従業員エンゲージメントを向上させました。

従業員同士のコミュニケーションが活発になり、これまで社内イベントに興味を示さなかったアルバイト従業員なども参加したいと意向を示すようになりました。また、互いを少しずつ知る事で部署の垣根を超えた意見交換なども活発になり、新しい施策やイノベーションを生み出しています。

従業員の夢や目標に対して、仕事を通じてバックアップできる環境を整え、さらに従業員エンゲージメントを高めて行きたいと仰っています。

株式会社ブライダルプロデュース

ブライダルプロデュースの取締役である浦木様によると、同社は横のつながりを意識した「インフルエンサー」を提供し、従業員エンゲージメントを向上させました。

人手不足で業務に追われて管理職陣もお互いに感謝し合うことが上手くできず、従業員の承認欲求を満たすことができずにいました。まずは最初に管理職から「感謝を伝えていく」という施策を行い、次第に全社に展開していきました。部署やセクションを超える感謝やコミュニケーションが生まれ、社員もアルバイト従業員もお互いに感謝し合い、助け合う文化を構成し離職率を改善しました。

株式会社ピアズ

ピアズの代表取締役である桑野様によると、同社は働きがいと人材育成を意識した「理念経営」を提供し、管理職陣が現場にまで落とし込んだコオtにより従業員エンゲージメントを向上させました。

過去には事業拡大に伴い、採用を行なったが「理念に沿わない従業員」やとりあえず「入社した」従業員が多くなってしまい組織崩壊を起こしてしまいました。しかしそこから理念経営を重視して行なったことにより、理念に共感してくれる従業員が増え、さらには人材の育成の基盤として理念や行動指針を軸にしているので、全員が同じ方向を向いて組織としての一体感を生み出すことに成功しております。

メディア掲載

Forbes JAPANに代表 加藤のインタビューが掲載されました!

11月8日付 日経産業新聞に取り上げられました!

アマゾンウェブサービスのブログに当社CTO小林とテックリード松谷のインタビューが掲載されました。

1DAYプログラムの流れ

10:00-12:00
座学

・オープニングワーク
・エンゲージメントの歴史を知る
・エンゲージメント経営の定義について
・エンゲージメント経営とは?
・エンゲージメントが必要な理由
・よくある勘違い
・エンゲージメントがもたらす経営への効果

13:00-14:30
ワークショップPT.1

・エンゲージメント経営のメソッドとは
・行動変容を起こす具体的なアクション
・共通点探し
・見える化の重要性と仕組み
・見える化ワーク
・エンゲージメントを考える上で知っておきたい3つのこと

14:30-16:00
ワークショップPT.2

・社内制度とは
・社内制度を設計するための2大要素
・社内制度の運用に欠かせない3つの視点
・社内制度診断
・人気の社内制度
・自社分析
・明日から実践できる社内制度活性化のコツ

受講後の声

エンゲージメントについて深く知る事ができました。(28歳/男性/人事)

今注目されているエンゲージメントについて少しでも知っておこうと思い、参加しました。
エンゲージメントの概念だけは事前に調べていたのですが、研修を受講した後には具体的なエンゲージメントの高め方が分かり、概念だけ理解しても意味がない事が分かりました。社長に言われて来たのですが、来て良かったと思っています。

2:6:2に対する打ち手が分かりました。(37歳/女性/管理職)

どの組織にも2:6:2が存在するという話でアリの巣の話が出ていましたが、すごく分かりやすかったです。
怠け者の下の2を排除しようと頑張っても意味がなく、中間の6をどれだけ伸ばせるかが勝負という事が学べました。
ワークショップの時には実際に自社の課題に合わせて社内施策を考えたりしたので、早速社内で実施してみようと思います。

どうやってエンゲージメント経営を行うのかが分かりました。(48歳/男性/事業部長)

事業拡大を行ったのですが、採用が追いつかず従業員が業務過多で離職してしまっていました。
色々施策は行ったのですが、うまくいかず悩んでいた時にたまたま広告を見て来ました。
報酬や待遇を良くする施策ではなく、エンゲージメントを向上させる施策を打つことの重要性が分かりました。

開催概要

募集定員

各回10名(先着順)

参加費用

3万円(税別)

研修テキスト

研修で使ったテキストはお持ち帰りいただけます。ぜひ自社の社内にてご展開ください。

社内制度事例集

様々な社内施策の事例や効果などが

載っております。明日から使える社内施策集。

 

受講証

研修を受講された方全員にお配りしております。

東京会場

東京都千代田区神田東松下12-7

日程

・3月17日(火) 10:00-16:00(残り△)
・3月21日(土) 10:00-16:00(残り△)
・3月28日(土) 10:00-16:00(残り○)

・4月11日(土) 10:00-16:00(残り○)
・4月14日(火) 15:00-20:00(残り○)
・4月25日(土) 10:00-16:00(残り△)
・4月28日(火) 10:00-16:00(残り○)

名古屋会場

愛知県名古屋市中村区名駅3-13-28

日程

・3月15日(日) 10:00-16:00(残り△)
・3月22日(日) 10:00-16:00(残り△)
・3月29日(日) 10:00-16:00(残り△)

・4月07日(火) 15:00-20:00(残り○)
・4月18日(土) 10:00-16:00(残り○)
・4月21日(火) 15:00-20:00(残り○)

 

大阪会場

大阪市北区梅田2-4-13

日程

3月14日(土) 10:00-16:00(残り○)
3月24日(火) 15:00-20:00(残り○)

・4月02日(木) 15:00-20:00(残り○)
・4月09日(木) 15:00-20:00(残り○)
・4月16日(木) 15:00-20:00(残り○)

福岡会場

福岡市博多区祇園町2-8

日程

3月18日(水) 10:00-16:00(残り○)

講師紹介

森山 裕平

山田 亮二

参加ご希望の方は、以下フォームをご記入ください

アップロードしています。少々お待ちください。