catch-img

採用コストを「長期的に」削減する意外な方法とは?

近年、企業の採用にかけるコストが上がり続けている。

さらに、様々な種類の採用関連サービスが次々と生まれており、経営者や人事担当者は採用方法の改善やコスト削減に頭を悩ませえいるのではないだろうか。

そこで今回は採用コストを「長期的に」削減するポイントをご紹介したい。


● 実はコストは関係ない?


採用費の主な内訳は、エージェントへの仲介費用、求人サイト掲載費用、採用広告作成費用などである。

しかし、ここに多額の費用をかけているからといって良い結果になるとは限らない。

「応募数は増えたが、求めているような人材がいない」

「採用はできたものの早期離職してしまう」

「内定を出しても辞退率が高いため面接時間が無駄になる」

「入社後のミスマッチが多く会社の業績は上がっていない」

など、結局会社としてメリットのない採用活動をしてしまう恐れがある。


● 定着する採用方法とは?


ずばり、「リファラル採用(紹介採用・縁故採用)」である。

リファラル採用の特徴とは

リファラル採用とは、今働いている従業員が、会社に知り合いを紹介して入社してもらうという採用方法である。

主な特徴としては、


・採用コストが極めて低い

・会社の求める能力を持った人材を採用できる

・入社後も文化的に馴染みやすく定着率が高い

・リファラル採用の連鎖が起こる


などが挙げられる。

上記の特徴からもご理解いただけるように、リファラル採用が発生する組織では、

長期的かつ大幅な採用コストの削減が可能となる。

とはいえ、従業員にとってリファラルを行うのは責任が伴うため、ハードルの高い方法だと感じられるだろう。

そこで、リファラル採用を促進するポイントをいくつかご紹介しよう。


● リファラル採用を促すポイント

紹介手順を周知

会社に紹介できる知人はいるが、「誰にどう伝えれば良いかわからない」という理由で紹介に至らないケースは非常に多い。

そこで、まずは会社から従業員へリファラル採用が必要という事実と、紹介手順を明確に伝えることが必要である。

実績を公表する

実際に紹介やリファラル採用が発生したら、その事実を従業員に知ってもらうことで、紹介の連鎖が起こる。

また、採用が成功した際の紹介者への称賛や、適切な報酬を与えることも効果的である。

エンゲージメントを向上する

そもそも、従業員は自分の会社が良い会社だと思わない限り、知人を紹介することは難しいだろう。

エンゲージメントを向上することで、知人に良い会社で働いてほしいという想いと、会社に貢献したいという想いが同時に生まれ、リファラル採用がよりスムーズに進むようになる。


● まとめ

今回は、採用コストの削減と、入社後の活躍という2つの視点から「リファラル採用」を説明した。

長期的に見て採用活動を改善したいという経営者や人事担当の皆様には、是非エンゲージメントの向上からスタートすることをおすすめしたい。

とはいえ、時間的に余裕がないという方には、「1Dayエンゲージメント研修 - SWITCH - 」から始めてみてはいかがだろうか。


  エンゲージメント研修 - SWITCH - スタメンが定義するエンゲージメント経営は、「会社と従業員」および「従業員同士」に相互信頼関係がある状態と定義を決めています。 SWITCH